京都・宇ゐでは出張着付け、着付教室、きものの販売、コーディネートをしています。WEB着付教室 襦袢の衿抜きをご紹介します。
HOME
出張着付
WEB着付教室
着付講習のご案内
着物ライフを楽しむ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
WEB着付教室 着付のコツと帯結び
→WEB着付教室 一覧に戻る
襦袢の衿抜き
着姿の美しさのひとつにきれいに抜いた衿のカーブがあります。
着物を着始めて帯を巻き終わり、そして着物を脱ぐまできれいに抜けた衿を
キープする方法の
ひとつをご紹介します。
@  1.まず襦袢にチカラ布を縫い付けます。 
   そしてそのチカラ布にさらに腰紐
    (どんなものでもいい)
   をしっかり縫い付ける
のです。
  
   写真は白いチカラ布にモスリンの腰紐を 
   縫い付けてあります。
A  2.前で左右の身頃を合わせ、
   後に縫いつけてある腰紐で仮留めします。
   (この結びは後で結び直します)
B  3.伊達締めにタオルを巻いたもので
   襦袢の衿合わせを安定させます。
   この時に先程の結んだ腰紐は
   まだ伊達締めの下にあります。
C  4.最初に結んだ腰紐をほどいて、
   後にさばき衿抜きの度合いを
   紐を下に引きながら調整します。
D  5.背中で下に引いた腰紐を前に回して
   伊達締めの“上”で軽く結びます。

   上から着物や帯が乗ってくるので
   この紐は強く結ぶ必要はありません。
E  6.うしろは写真の状態で紐が伊達締めの下辺に
   引っかかる状態になります。

   この引っかかりによって着付けの最中も、
   出かけた先で動いても抜いた衿が保たれて
   前の衿合わせが浮きません。
→WEB着付教室 一覧に戻る
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室