京都・宇ゐでは出張着付け、着付教室、きものの販売、コーディネートをしています。WEB着付教室 おはしょり作りの例をご紹介します。
HOME
出張着付
WEB着付教室
着付講習のご案内
着物ライフを楽しむ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
WEB着付教室 着付のコツと帯結び
→WEB着付教室 一覧に戻る
おはしょりをきれいに作る例
おはしょり作りの例
@  1.おはしょりを作り出す前の状態です。
   この紐の上の生地ののシワがなくなるように
   腰紐の下を引いて スッキリさせてください。
A  2.紐の下の内側にある下前の生地を上に
   上げてしまいます。
   その際、奥のほうまで手を入れて
   端だけがあがらないようにしてください。
B  3.上前の脇の紐の下を充分に引いて
   身八つ口の穴を確認して ください。
   (赤い丸印のところ)
C  4.先ほどの身八つ口の穴から下前を
   指先で引いて上前のおはしょりが
   下前の生地と二重にならないよう
   充分に上げてください。
D  5.引いた下前を再び身八つ口から
   後の方へ流すように納めて、(上げた
   下前が落ちないようにしてください)
   上前のおはしょりの脇線を
   裾あわせの脇線に合わせてください。
E  6.同じように上げた下前が落ちない
   ようにして、おはしょりの衽線をやはり
   裾周りの衽の線に合わせてください。
   (おはしょりが十分取れない寸法の
   場合は無理に合わせず自然に)
F  7.伊達締めで上げた下前が落ちないように
   押さえます。
   その際、伊達締めの下辺からでる
   おはしょりの巾を 6〜7cm程度に
   この段階で決めてしまう方が
   後の微調整が少なくてすみます。
G  8.伊達締めを省略して、上から直接帯板
   (ゴム付き)で押さえる方法もあります。
   帯板にゴムがついていなければ
   伊達締めを使用してください。
   帯板のみの場合も帯板の下線から
   出るおはしょりの長さを6〜7pに
   しておきます。
H  9.伊達締めの上から(または省略して)
   ゴム付帯板を巻いたところです。
I  10.帯を巻きます。
   おはしょりの余りが上から出ないように
   帯の内側へ押し込んでおきます。
J  11.衽線がそろい、
   きれいな おはしょりができました。
完成    横からの着姿がに、
   おはしょりよりも帯の上側の方が
   前に出るようになってすっきり見えます。
☆ きもの生地が柔らかい時 ☆

紬などは比較的おはしょりが膨らみにくくすっきりおさまりますが綸子などの柔らかい生地の場合はおはしょりが膨らみがちです。
その場合不職布や合成レザーの生地で作った“おはしょり芯”を使うとおはしょりの底線がきれいに決まります。

右写真のように角を落とした長方形の布を腰のある生地を使って自作できます。
 
→WEB着付教室 一覧に戻る
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室