京都・宇ゐでは出張着付け、着付教室、きものの販売、コーディネートをしています。WEB着付教室 帯揚げの始末をご紹介します。
HOME
出張着付
WEB着付教室
着付講習のご案内
着物ライフを楽しむ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
WEB着付教室 着付のコツと帯結び
→WEB着付教室 一覧に戻る
帯揚げの始末
※写真をクリックすると拡大表示します
  おはしょり作りの例
@  1.帯揚げをきれいに納める為の
   場所を作ります。
   枕の紐や着物を着たときの腰紐などを
   帯の内側深くに押し込んで納めます。
A  2.上端を引っ張りながら25cm余りを戻して
   端を帯揚げの上辺へ当て、
   くるくる巻いていきます。
B  3.帯揚げの上端をしっかり前の方に
   引きながら余りの戻した部分を
   巻き込んで落ちないようにとめます。
C  4.下の端も上辺同様に巾の中心に
   向かってくるくる巻いていきます。
D  5.たるみ等は気にせずに端から
   包み込むように巻いていく中へ
   納めてしまいます。
E  6.ふっくらとした巾2.5cmほどの
   棒状にしてください。
   この形を作り終わった側は、
   その状態を保ったままいったん帯の
   上辺に挟み込むかクリップで留めて
   おいて反対側も同じように棒状にします。
F  7.端からみるとこんな状態。
G  8.どちらが上でもいいので
   身体から近い場所で交差させます。
H  9.そしてひと結び。
I  10.下へ出た方をU字に折り戻して、
    帯の内側深くに しっかり挟み込みます。
J  11.上に残っている方を“まっすぐ”下へ
    おろして、浮いて取れないように
    しっかりと帯の内側に入れます。
K  12.中心部分や脇のシワを取って
    仕上げをきれいにします。
完成   ふっくらときれいに仕上がりました。
☆ 絞りの帯揚げの場合 ☆

折り戻すのは絞っていない端部分のみを中に巻き込むとふくらみ過ぎずに納まります。

振袖などに使う絞りの帯揚げで厚みがあるものは無理に結ばず、帯の内側へ帯揚げの
端を挟み込むだけでもOKです。
ひと結びする場合はNo.1の帯のポケットをしっかり開けておくと納まりやすくなります。
→WEB着付教室 一覧に戻る
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室