京都・宇ゐでは出張着付け、着付教室、きものの販売、コーディネートをしています。WEB着付教室 半巾帯の結び方:貝の口をご紹介します。
HOME
出張着付
WEB着付教室
着付講習のご案内
着物ライフを楽しむ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
WEB着付教室 半巾帯の結び方:貝の口
→WEB着付教室 一覧に戻る
半巾帯の結び方

貝の口
※写真をクリックすると拡大表示します
@  1.手先を縦半分に折り、端から50センチ強の
   あたりから胴に巻き始めます。

   写真は背中ですが、自分で着る際は
   身体の前で作業ができます。
A  2.胴にひと巻きずつ締めながら二回巻いて
   (帯の長さで3回の場合も。)
   やはり50センチ強を残してタレ先の残りを
   内側に折り戻します。
   (戻す長さの調節で加減してください)
B  3.タレが上になるようにひと結び。
   背中に接しているタレの根元に
   しわが入らないように
   垂直に立ててください。
C  4.タレを下に下ろして内側へ左斜め
   (自分側から右斜め上)
   に折り返して、縦半折りにしている手先を
   折り返したタレの中を通って右斜め上
   (自分側からは左上)に引き抜きます。
   
   写真はこの時に帯揚げを掛けています。
   もちろん帯揚げはなくてもいい物ですが
   色のコーディネートを楽しむときには
   効果的です。
D  5.帯締めのみを使いたいときは
   結び終わったあとに
   写真のように羽根を押さえるように
   掛けます。
基本形    貝の口は帯締め・帯揚げがなくても
   安定していて背中が膨らまない
   楽な結び方です。
   紬などの気楽なお出かけの時や
   運転、家事の時は活躍する
   昔からの帯結びです。
☆ 帯結びに慣れるまでの隠しワザ ☆

胴に巻きつける際に緩んでしまったりする時[手先を決める時]、
[1周巻いたときや巻き終わった時]、[タレの長さを試したいとき]
などは、帯を傷つけないような洗濯バサミや呉服店で販売している
着付け用のピンチで仮止めしながら結んでいくとすごく楽です。

二周巻き終わった端(帯の下端)に留めておくと帯結びの最中に
巻いた部分がゆるまず作業が楽です。
 
→WEB着付教室 一覧に戻る
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室