きものの販売、出張着付、着付教室、コーディネートをしています。帯の結び方についてご紹介いたします。
HOME
出張着付
WEB着付け教室
着付講習のご案内
着物ライフを楽しむ
出張 きもの整理
宇ゐの概要
ご予約・お問合せ
LINK
宇ゐは着物及び着物関連のアイテムの中でも特に半巾帯(半幅帯)の普及を志しております。
  半巾帯で気楽にコーディネート&お出かけしましょう!
着物を着ようと思った時の一番の難関はやはり“着付け”です。
さらに着物の着方よりも習得しにくいのが袋帯や
名古屋帯のお太鼓結びではないでしょうか。

近年ゆかたの普及に目覚しいものがあるのはやはり帯結びの
簡単さにあると思います。『手軽にきもの姿になれる』という
イメージが定着したゆかたの着方と同じように春・秋・冬も着物を
着たいものです。

そこで宇ゐは西陣でオリジナル製作した半巾帯や
コーディネートしやすい半巾帯を集めてご案内をいたします。


オリジナルのものは半巾帯といっても正絹の西陣織です。
そして帯締めも帯揚げも使えるように従来よりやや幅広になっており
色無地・小紋・附け下げ・訪問着・紬など織物の着物に合うように
作っています。

附け下げや訪問着に半巾帯?と思われるかもしれませんが
正式な場所やお茶会でお手前をする時以外・・・つまり
食事や観劇・お稽古などご自身の楽しみのために着物で出掛ける際は楽で自由な着方ができますので
半巾帯を選択することができます。
その際の帯結びは着物の格に合わせて『桃山結び』(下図参照)や『片流し』などの
少し華やかなものが適しています。

訪問着といっても紬や柄の少ないものも多い昨今、きちんと二重太鼓でないといけないと
考えるよりも
“着物姿で出かける”ことを重視した楽な帯結びを選択してもいいはずです。
帯枕も仮紐も使わず身体の前で結ぶことができる半巾帯は労力・時間・小物の数や手順を最小限にして手軽に着物姿で出かけることができるのです。

写真でおわかりのように正面からだと袋帯を結んでいるように見えるのは帯巾のバランスと、きちんと帯締めと帯揚げをしているからです。
勿論、帯締めも帯揚げもお太鼓結んでないので単にアクセサリーとして使用しています。
どちらも使わなくても帯は崩れませんからコーディネートの際に“小物の丈夫さ”は必要ありません。
帯揚げを省いたり、帯締め変わりにいろいろな素材のヒモ状の物でもいいのです。

帯結びはゆかた帯のような文庫結びでもいいですし、その他数例当サイトでご紹介していますので参考にしてください。
各写真をクリックしますと詳細ページにジャンプします。
<桃山>
残りが同じ長さぐらいになるようにして胴に二巻きしひと結びします。 蝶々結びをします。その際羽根が身体の巾からあまりはみ出ないようにコンパクトに。 縦結びにならないよう注意して両羽根を同じ大きさにします。中心の結び目だけで帯を支えるので緩まないようにしっかり結びます。
タレ先の端をを少しずらして結び目と胴巻きの間にくぐらせます。引き抜く方の長さだけを気にしてください。下にだぶついて残っても大丈夫です。 引き抜いたタレ先をリボンの上にかぶせて完成。タレ先を引き抜いた時に余った部分や結び目も隠れます。 アレンジでタレ先の上部をしばって飾り紐をかけたりも・・・
羽根の大きさや枚数、タレの長さの調節はお好みで。
帯の長さや体型によっての残り具合で調節して下さい。
<貝の口>
手先を縦半分に折り、端から50センチ強のあたりから胴に巻き始める。 胴にひと巻きずつ締めながら二回巻いて(帯の長さで3回の場合も。)残ったタレ先を内側に折り戻します。 タレが上になるようにひと結び。
背中に接しているタレの根元にしわが入らないように垂直に立ててください。
 貝の口で難しいのはタレの長さが一回でなかなか
   決まらないことです。

胴に二巻きした後に折り返す長さによって、結びあげた後でうまくいい大きさになるかどうかが違います。

何度も結んでみていい長さを会得していただければよいのですが、なかなかうまくいかないという方にお勧めな必殺技があります。
 上の写真のようにタレ先の輪から約40センチの所に
>
タレを下に下ろして内側へ左斜め(自分側から右斜め上)に折り返して、縦半折りにしている手先を折り返したタレの中を通って右斜め上(自分側からは左上)に引き抜きます。
巾の狭い半巾帯で帯締めを掛けたい時は、なるべくヒモのような細めの帯締めにされると、前から見たときに帯締めを掛けた時の帯巾の狭さを緩和させてくれます。

ヒモを帯締めに使う時には帯やきものに合う帯留め等(ブローチやコサージュとかでもいいかもです)で前の結びの部分を考えて自由に楽しんでください。

 宇ゐの半巾帯は帯巾がやや広いので普通の帯締めが使えます。
☆ 帯結びに慣れるまでの隠しワザ ☆
その1 :
胴に巻きつける際に緩んでしまったりする時は[手先を決める時]、[1周巻いたときや巻き終わった時]、[タレの長さを試したいとき]など帯を傷つけないような洗濯バサミや呉服店で販売している着付け用のピンチで仮止めしながら結んでいくとすごく楽です。

その2 :
キレイに結べた時に帯の内側に糸で目印をつけておくと次回結ぶときは1回で長さが決まります!
(脱ぐ際に安全ピンで仮の印をつけるとよいですよ)
このページのトップへ
 Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo      プライバシーポリシー       出張着付け・着付教室