京都・宇ゐでは染紬・西陣御召を販売しております。宇ゐのきものについてご紹介いたします。
HOME
宇ゐの出張着付け
宇ゐのきもの
宇ゐ商品一覧
通販法・お支払い方法
宇ゐの概要
プライバシーポリシー
お問合せ
Blog
宇ゐのきもの
宇ゐのイベントやWEB SHOPでご案内するきものはほとんどが柄の主張の少ないものです。
“地味・派手”という表現を超えてシンプルで着姿に凛とした上品さを求めています。
ビギナーの方もよくきものをお召しになる方にも
「こういうきものがあったら帯が生き、着て出かけやすくなる」ということをお伝えしたくて選んでいます。

   ■ きものの着付けに関するコツはこちら↓をご覧ください。
西陣御召(にしじんおめし)は織物です。応仁の乱で堺港に疎開した西陣の織部司達によって
縮緬(ちりめん)の技法から西陣御召へと発展していったと言われています。
“御召”は種類も多く、沢山の人の手による分業で出来ていますので様々な技法から生まれています。

密度の高い織りや強撚糸(きょうねんし)という強く撚られた糸によるしゃり感で独特の風合いを醸し
古くから女性だけでなく男性用の着物地としても普及してきました。
魅力は高級感のある光沢やシャリ感、しっかりとした風合いです。
意匠的にも最近は縞や格子などのシンプルなものが基本として多くの種類があり
着物におけるスーツ的な素材の筆頭といえるでしょう。
糸を染めてから織り上げるタイプの着物でも御召は礼装にも使うことができます。
各写真をクリックしてコーディネートの詳細をご覧ください。
一般に“紬”と言われるものは糸を染めてから織る『先染め』となります。
ただどんなに高価な“紬”でも『街着』と言われるジャンルに属してしまう為その着用範囲に制限が出てきてしまいます。
今、そのジャンルを超えて『お出かけ着』として注目されているのが『染紬(そめつむぎ)』です。

文字通り“染めた紬”で、糸を染めずに白糸で織られた紬の生地に様々な地色と柄を染めています。
つまり小紋の生地が紬地となっていて、染め物の華やかさや緻密な柄を紬地で味わえるのです。

紬生地でも染物になりますと柄がソフトになり 紬の糸の節が微妙に陰影をもたらせた
やわらかい印象になります。
紬の訪問着というのもこの『染紬』が多く、大島生地・結城生地その他産地紬地に
後から裾模様を描いています。
この紬訪問着はお祝い事よりも観劇や食事などの外出着としての着用が適していますが
披露宴の形式が多少略された場には問題ありません。 
 きものは揃えるものから始まって着付けに着崩れそして後片付け・・・おまけにマナーにコーディネートや季節の意識等々、知らなくてはなかなか踏み込めない世界になってしまいました。
着たいものがあっても高価なため入手困難とか、さらには気合入れて揃えても着るチャンスを見つけられないというのが現状です。
着物をスーツのように ワンピースのように着ることができないでしょうか・・・・・。

 着る時がないという話をよく耳にしますが 
着る機会を簡単につくれる着物を準備することで機会は増えるはずです。
実際、華やかなきものを着たほうがいい場面というのを見つけるのは至難の業。
披露宴も以前のようにドレスをレンタルしてまでということが少なくなりました。
お仲人さん不在のパーティ形式やレストランウエディングなどが増えたのも現状です。
そこで、さらりと着ているようで、なおかつきちんとしている着物の着方が出来たら
着ている本人も周りも心地よいのではないでしょうか。
ちょっとした外出にでも着て出かけられ、
さらにはそれが後々コーディネート次第でいろんな着方が出来れば、楽しみも膨らみます。
着物は確かに面倒な事柄が多いようですが、
反面 洋服では表現できない印象を楽しめます。
 好きな色で好きな併せ方で着ていく着物というものを求めた時に基本となるのは、
やはり日頃身につけている服の色や合わせ方のイメージです。
それに対してどう沿わせていくのかを注意していくと
自分なりの自然な着方ができると思います。 

ただ、着たいものがあっても高価なため入手困難とか、さらには
気合入れて揃えても着るチャンスを見つけられないという状況も多いので
極力、手持ちの帯を生かしたり、箪笥にあるきものに気楽に結べる帯を探したりという
工夫や試行錯誤をしていくのもきものを取り巻く環境を楽しむコツです。
 たくさんの色や柄で着るのはまた別の表現スタイルとなり、
それはそれで着方(例えば振袖やレトロ感覚で着るときなど)がありますが、
スッキリ・さらりとさりげなく着物を着る事がお好みの方には
次のポイントでお持ちの着物を考えてみて下さい。..

まずは主張するものを決めてポイントを絞ること。

着物の柄にこだわる時は帯や小物の柄や色は押さえたシンプルなものを
選び、地色に主張があるときには他のものを同系色やモノトーンで抑え
ていくということです。
普段洋服のコーディネートでは既ににやっていることばかりなのですが、
意外ときものでの着方に反映させていくというのは盲点になりがちです。
この着方のメリットは一つずつ着物や帯を買い揃えて行っても合わせ方を
考えるのが簡単だということです。
女性の箪笥の中にある今までの着物達は
どちらかというと主張の強い物が多いのではないでしょうか。
それらをいかに上手く合わせて『今』の着方をしていくかというのは
シンプルで抑えたものによってコーディネートをし易くしていくことなのです。
このページのトップへ
Copyright 2005 宇ゐ All rights reserved. by seo 出張着付け・着付教室